浮気と不倫の違いってなに?【4つの項目で分類してみた】

浮気と不倫の違いってなに?【4つの項目で分類】 浮気・不倫を深掘り

不倫と浮気というと似たようでちょっと違う感じの意味と理解している人が多いですよね!

浮気と不倫には、いくつかの明確な差があるようです。

それでは、浮気と不倫の違いについて一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク

結婚しているかいないかの違いで区別

出典:MasterTux

浮気と不倫の違いを明確に分ける代表的なのが、相手が夫婦としての婚姻関係を結んでいるかどうかのようです。

結婚している人が異性と肉体関係を持った場合は「不倫」、結婚をしていない人が異性と肉体関係を持った場合は「浮気」と言われるのが一般的です。

関係性の維持期間による違いで区別

出典:JCamargo

定期的に会って肉体関係が続いているのであれば「不倫」、一夜限りの関係など1回か2回の不定期な関係であれば、「浮気」とされることが多いようです。

不貞行為があるかないかで区別

出典:Clker-Free-Vector-Images

不貞行為とは、肉体関係を持つことです。

不貞行為があれば不倫とみなされます。

一方で、キスやハグといった行為は不貞行為とはみなされません。

そのため、デート中はキスやハグだけで気持ちが傾いた場合は「浮気」と呼ぶことが多いようです。

精神的苦痛の度合いの違いで区別

出典:Foundry

長期的に不貞行為を繰り返していたとしても、不特定多数の場合は体の関係が美玖敵の「浮気」として考えることもあるようです。

それに対して、不倫相手に対して愛情が強くある場合は、パートナーの精神的苦痛が大きいとして「不倫」と考えることが多いようです。

まとめ

出典:mohamed_hassan

結婚している場合は、不貞行為があれば「慰謝料」を請求する条件となるので、肉体関係の有無は大きなポイントになります。

慰謝料とは、精神的な苦痛に対して被害の請求を行うものなので、すでに婚姻関係が破綻していた場合は慰謝料を請求できない可能性があります。

そのほか、不倫相手への慰謝料請求する場合は、「求償権」に注意しておく必要があるようです。

「不倫は自分だけじゃなく、不倫をした配偶者も共同責任があるのだから、配偶者も慰謝料を負担すべき」と主張することが出来ます。

そもそも、慰謝料を支払う責任は、浮気・不倫をした夫(妻)と不倫相手の2人にあるので、どちらか片方が慰謝料を請求され支払うことになった場合でも、夫(妻)と不倫相手の2人に支払いの責任があるのです。

この権利を「求償権」といいます。

そこで、後からもめないためにも、不倫相手に対して、予め求償権を放棄する約束を交わしておくことが大切なのです。