浮気・不倫と健康の意外な関係とは?【セックスがもたらす体の健康維持】

浮気・不倫と健康の意外な関係とは?【セックスがもたらす体の健康維持】 浮気・不倫を深掘り

セックスが体の健康にどのような影響があるのかという疑問に対して、セックスと健康にまつわる研究は世界中で行われています。

あまり踏み込んでデータを取りにくいテーマであるためになかなか世間には出てきにくいイメージがありますが、実は健康面で良い影響を与えることが多いようなのです。

スポンサーリンク

男性の場合はセックスするほど、前立腺がんのリスクが低下する

出典:丘の上のお医者さん

ハーバード大学が研究結果なのですが、頻繁にオーガズムに達している男性は、前立腺がんのリスクが低いことが判明したそうです。

これは、セックスによる射精だけではなく、マスターベーションによる射精でも同様の結果が得られたようです。

気になる研究結果の詳細ですが、射精の頻度と前立腺がんのリスクの関連性を調査した内容となっています。

ハーバード大学の研究によると、「月に21回以上射精」をしている40〜49代の年齢層の男性と、月に4〜7回射精を行っている同年代とを比較した結果、前者は後者に比べて約22%も前立腺がんのリスクが低いことが判明しました。

およそ3万2,000人の健康な男性を対象に、じつに18年間にも及ぶ調査の末に導き出されたデータのため信頼性も高そうです。

前立腺がんが低下するメカニズムについては「射精が前立腺がんのリスクを低下させる因果関係までは未だだ解明できておらず、更なる研究が必要」とのことですが、理由の如何にかかわらずセックスが前立腺がんの予防効果があることは確かのようですね!

週1回のセックスで免疫力がアップする⁉

米ウィルクス大学の研究結果によると、「週に1〜2回の頻度でセックスを行っている学生」は週1回未満の学生に比べて、IgAという唾液中の抗体の濃度が高いという結果が出たようです。

「IgA(Immunoglobulin A;免疫グロブリンA)」とは抗体の一種で、体内ではIgGに次いで2番目に多い抗体です。

特に、眼・鼻・喉や消化管などの外界と接する粘膜組織において、粘膜表面に分泌される二量体IgAのことを「分泌型IgA」と呼びます。

分泌型IgAは、粘膜表面で病原体や毒素に結合し、それらの機能を無効化することによって、私たちの身体を守っているのです。

ただし、注意点として、週3回以上派の学生は逆にIgA濃度が低いという結果が出ていますので、セックスすればするほど免疫力が高くなるわけではないとも言えます。

何においてもほどほどが大切よね・・・。

定期的なセックスで脳の機能が向上する⁉

出典:geralt

性の健康を専門に研究している英国のゴーシュ教授の研究によると、「日常的にセックスに励んでいる高齢者は認知症になりにくい」という研究結果が確認されています。

その理由として、セックスによって脳への血流が増えるため、脳が活性化するということです。

セックスはある程度体に負荷がかかる運動と同等とされています。

そのため、セックスにより血流量が増え、さらにオーガズムを得ている最中は、より脳の神経細胞が活発化するようなのです。

高齢者では認知症の予防に効果がありますが、若年層の場合は、脳の機能アップによりひらめきやアイデアの向上により生産性もあがるようです。

まとめ

出典:stokpic

セックスによる健康への影響は、世界中において研究されてきています。

その結果、セックスが様々な健康増進の一端を担っていることが明らかになってきました。

もっと積極的にセックスを楽しむのもアリなのかもしれませんね!